【日本料理・和菓子】季節の和菓子


日本料理(和食) 和菓子編

〜季節の和菓子いろいろ〜


お茶と言えば和菓子!!
お茶をたてたものには本当に「和菓子」が合います。
ほろ苦いお茶と甘い和菓子。この組み合わせが良いのです。
ですが、「1月はどんな和菓子でしょう?」という質問を受けたら答えられますか?
老舗和菓子店などで出されている「季節の定番物」を季節ごとに紹介します。


1月「花びら餅」

1gatu.jpg

宮廷料理をモチーフにした、正月の代表的な和菓子。
丸い白餅に紅色の菱餅を重ね、味噌・砂糖でやわらかく煮たゴボウを挟み込んだもの。

餅は「望月」の望に通じることから、円満の象徴。
ゴボウは地中深く根をはることから、家の安泰を願う気ちが込められいます。お年賀の挨拶にはうってつけですね。

2月「織部饅」

2gatu.jpg

焼き物の「織部焼」に見立てたじょうよ饅頭。中は小倉餡で織部焼の語源である古田織部は、茶道の大宗匠。

3月「桜餅」

3gatu.jpg

春を代表する和菓子。菓子を包むのは塩漬けの大島桜の葉。
写真のような関西風の道明寺粉を使ったものと、関東風の白玉粉を使ったクレープのように巻くものがある。

4月「多胡の浦」

4gatu.jpg

藤の花に見立てたきんとん。紫と黄色の染め分け、陽の光の当たる藤の花の様子を表現している。菓銘は藤の名所の名に因んで付けられた。

5月「粽」

5gatu.jpg

中国から広がった「粽」は江戸時代には菓子として一般に広がった。同じ5月の代表的な菓子。柏餅と共に、端午の節句に用意される。

6月「水無月」

6gatu.jpg

氷を象った三角形に小豆を散らした和菓子。京都では6月の和菓子として親しまれている。

7月「若葉蔭」

7gatu.jpg

金魚は涼を呼ぶことから夏の季語とされている。水面に浮かぶ青葉の陰を金魚が見え隠れしながら泳ぐ様を表現した。

8月「ささ栗」

8gatu.jpg

「ささ」とは小さなを意味する言葉。

9月「主草」

9gatu.jpg

主草は菊の異称「クサノアルジ」からつけられたもの。
菊は気高くめでたい花をして古くより愛されてきた。羊羹製で中には白餡が入る。

10月「初時雨」

10gatu.jpg

「初時雨」とは11月に入って初めて降る冷たい雨の事。菓子は「初時雨」が樹木を濡らしていった様を思わせる。きんとん製。

11月「亥の子餅」

11gatu.jpg

茶道の炉開きの際にも用いられる菓子。歴史は古く、今から千年以上前に書かれた源氏物語の中にも登場する。
形は猪の子がモチーフ。

12月「柚形」

12gatu.jpg

柚子は古くから日本人に愛され、12月冬至には柚子湯に入る習慣がある。
「柚形」は柚子の皮をすりおろして生地に加えた。