【日本料理・箸の持ち方】正しい箸の持ち方、箸のマナー、食事中のマナー


日本料理(和食) 正しい箸の持ち方編

〜さてどのくらいの方が正しく箸を使えるでしょうか?〜

今はお母さん世代の方でも箸を正しく持つ事が出来ない方がいらっしゃいます。
それでは自分の子供に「正しい箸の持ち方」を教えていくことは出来ないですよね。
「食育」なんて言ってる場合ではありません。まずはあなた自身が正しい箸の使い方を知りましょう。
今からでも遅くはありません。正しく使えない方が恥ずかしいことなのです。

日本料理(和食)を食べる時には箸は必須です。食べ物だけでなく、箸の持ち方、マナーなども伝承していきたい事です。



箸のいろいろ

知っているようで知らない、箸についてです。
外に食事に行っても箸の持ち方のおかしい方や箸のマナーが悪い方を結構みますね。

正しい箸の持ち方

言葉で言うのは難しいですね。
おそらく自分で「あれ?おかしいな」って感じている方が多いかもしれませんね。
気付いていながらなかなか直らない。癖って直すのは意識しないと難しいですからね。
最近見ていてホント多いのが、人差し指と中指が伸びきっている方ですね。

その為、小さいものをつかんだり、細かい作業をする事が出来なくなってしまのです。

DSC_0006.JPG

箸のマナー@

なかなかわからない箸のマナーについて。ほんの一例です。
意外と知らないマナー編@

 受け箸 箸を持ったままおかわりをする事
 移り箸 いったん取りかえて他のものに変える
 拝み箸 両手で箸を持って拝むようにする事
 落とし箸 食事中に箸を床に落とす
 掻き箸 茶碗縁を口にあてがい箸で掻き込む事

箸のマナーA

まだまだあります!!マナー編A
こんなもんじゃないんですよ。
た〜くさんあります。皆さんが知っているような事や「へぇ〜」という初めて聞く事もあると思います。

 空箸 箸を一度料理をつけておきながら食べないで箸を置く事
 くわえ箸 箸を食膳の上に置かず、口に入れくわえる事
 こじ箸 食器に盛った料理を上から食べないで、箸でかき回して自分の食べたい物を掘り出す事
 込み箸 口にほおばった物
 探り箸 汁ものなどで、かき混ぜて中身をさぐる